ラッセンの作品の価値とは